ちくま文庫(増補新版)出版記念イベント
『いま、地方で生きるということ』
西村佳哲
読んでなくてもいい読書会:第1回 秋田


日 時:2019年12月8日(日)
会 場:ヤマキウ南倉庫1F ギャルリ・アー
    010-0011 秋田市南通亀の町4-15
時 間:15時より
料 金:1,500円|当日受付にて頂戴します


料金別で温かいお飲物をご用意します。ご希望のお客様は会場で求めください。
※暖かい服装でお越し下さい。


主催・お申込:まど枠 
 shop@madowaku.jp
お名前|ご参加人数|ご連絡先をお書き添えの上お申込ください

◎メールをクリックするとフォームが立ち上がります




どこで働く? 誰と生きる?
自分の仕事や暮らしを、自分たちでつくる幸福論
8年後のインタビューを加えた決定版

与えられた範囲内の自由でなく、仕事や暮らしを、
自分たちでつくり出してゆく自由。社会変革のような
大きな物語でなく、身近で具体的なことに時間とエネ
ルギーを注いでいる人々のあり方。どこで、だれと、
なにをして生きてゆく? 「いま、地方で…」という
テーマを片手に、東京を離れ訪ねて回ったロードムー
ビーのような幸福論。8年後のインタビューを大幅に
加えた決定版。





メッセージ]

西村佳哲です。この本を書いたのは8年前の2011年です。震災直後に、
東北と九州の人々を訪ねてまわった探訪記のような一冊で、秋田にも
立ち寄ったのは、その少し前にある講座で招いていただいた際、そこ
で出会った人々が温かさをもって心に残っていたからです。いまも変
わらない。このたびあらためて秋田に行くことになり(秋田美大の仕
事)、まど枠の伊藤さんに相談して、出版記念のトークイベントを開
いていただけることになりました。再会の人も、初めての方もどうぞ
お越しください。本を書きながら考え、いまも考えている「自分の仕
事や暮らしを、自分たちでつくる幸福」について、語ったり一緒に考
えてみたいと思います。

 

主催 まど枠
010-0011
秋田市南通亀の町4-15 ヤマキウ南倉庫1F
madowaku.jp shop@madowaku.jp